かんたんご利用ガイド

 
2.本の体裁を設定する
 
SymBookは、ツメと呼ばれるインデックスや目次も自動的に生成します。それらを含めた書籍を構成する様々なオプションを設定して、オリジナルスタイルを作成しましょう。
 
1 オプション(共通)
 
SymBookでは自分で表紙を作ることも可能ですが、基本スタイルの中からお好きなデザインを選んで作成することも可能です。ここでは、基本の表紙を使用する方法を説明します。
 
(1) オプション設定から、表紙を選択
 
編集画面の「オプション設定」ボタンをクリックします。
 
オプション画面の「変更」ボタンをクリックして表紙を変更できます。

※表紙名にはデフォルトで設定されている基本デザインのサムネイルが表示されています。タイトルや著者名、写真はダミーです。
 
(2) 表紙を選択する
 
表紙を選択します。

お客様が作成した表紙をUPすることもできます。

表示されているサムネイルの下の「選択」ボタンを押して好きなデザインを選択できます。

※デザインは順次増やす予定です。
 
(3) 表紙に画像を掲載したい場合
 
オプション設定画面で「表紙添付画像」の「変更」ボタンをクリックします。
 
(4) 画像を選択する
 
パソコンに保存されている画像の中から、表示したい画像を選択して、「開く」ボタンをクリックします。

アップした画像は、オプション設定画面や作品トップ画面の、表紙添付画像欄に表示されているファイル名をクリックすることで、確認できます。
 
2 前付け、後付けを設定する(写真集は除く)
 
(1) 前付けの編集を選択
 
SymBookでは、「まえがき」などの前付けや「あとがき」などの後付けを作成することができます。それぞれ本の最初と最後に挿入されるものですので、オプションとして設定します。
 
オプション設定画面の前付け「編集」ボタンをクリックします。
 
(2) 前付け見出しを編集
 
右メニューの「見出しを編集」ボタンをクリックします。
 
(3) 前付け見出しを入力
 
「前付け見出し」に表示する文言を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

※一般的には「はじめに」、「まえがき」などといった言葉が多く使われます。
 
(4) 前付けの内容を入力する
 
前付け内容を入力します。
 
(5) 後付けの編集
 
後付けも前付けと同様に作成します。
 
(6) テキスト編集機能一覧
 
編集ブロック内に設置されているボタンの各機能を説明します。

① 上のブロックと結合させる。
② 下のブロックと結合させる。
③ 選択した文字を太字にする。
④ 選択した文字のフォントをイタリックにする。
⑤ 選択した文字にアンダーラインを付加する。
⑥ ③~⑤の機能で行った文字修飾を解除する。
⑦ 選択した文字のルビを設定する。
⑧ 編集中のブロックの後ろに改ページを設定する。
⑨ 編集中のブロックを中見出しにする。
注)文字修飾以外の設定は自動解除されます。
⑩ 編集中のブロックを小見出しにする
注)文字修飾以外の設定は自動解除されます。
⑪ ひとつ前の状態に戻す。
⑫ やりなおしボタン
⑬ word文書を貼り付ける。
⑭ 編集を終了する。
⑮ ブロック削除。

ページトップ

3 その他のオプション設定(写真集は除く)
 
オプション 設定できる内容
設定しない
章番号を柱文にする
章見出しを柱文にする
章番号+章見出しを柱文にする
任意設定(柱文の入力)
ノンブル 位置:下中央
下外側
上外側
囲み文字:(囲み文字の入力)
つめかけ 使用しない
章番号をつめかけにする
章見出しをつめかけにする
章番号+章見出しをつめかけにする
背景画像(奇数頁用) 使用しない
使用する(画像の指定)
背景画像(偶数頁用) 使用しない
使用する(画像の指定)

ページトップ